【急募】キングスのPG

つぶやき

現時点で契約更新(継続)した選手はジャック・クーリーのみですが、期限付移籍中だった、寒竹隼人、ナナーダニエル弾、今季から加入したキム・ティリ、船生誠也の4選手が自由交渉選手リストへ。ベテランPGの石崎巧が現役引退、そして、藤田弘輝HCが契約満了に伴い退任すると発表しました。

 

キングスの発表では、船生誠也とキム・ティリとは契約交渉を続けているとのことですが、今回は、2選手の契約がまとまらなかった体で、話を進めたいと思います。

 

石崎の引退、船生の自由契約により、キングスのPGは岸本隆一、並里成(ともに去就未発表)の2選手のみとなりました。
これまでの5年、キングスの編成はPGが多すぎるぐらいの編成でしたので、PGが岸本、並里の2選手になることはほぼないと言えます。(PG2名体制はどこもやってない)

ですので、今回は、キングスに加入すると面白い、チームにプラスになる、個人的に好きな選手は数名挙げたいと思います。

 

 

津山尚大

前所属 アルバルク東京
180㎝/85㎏ 沖縄県出身。

PPGRPGAPGFG%3P%
4.31.02.540.440.9

高校卒業にキングスに入団し、4年間プレイしたが、2018-19シーズンからキングスを離れ、ライジングゼファー福岡、アルバルク東京で多くの経験を積み、ハンドラー、シューターとしても若干成長したように思える。
津山は25歳ながら来季プロ8年目、キングスに復帰することはあるのだろうか。

 

 

山内盛久

前所属 サンロッカーズ渋谷
175cm/75kg 沖縄県出身

PPGRPGAPGFG%3P%
3.41.22.332.528.0

山内もbjリーグ時代からBリーグ1年目までキングスに在籍し、岸本、並里両選手と共に優勝した経験を持つ。
ディフェンス、スティールを得意とし、サンロッカーズ渋谷では、天皇杯優勝も経験、短期決戦の戦い方を知っている選手だと思う。
ネックなのは、年齢とサイズ…

 

 

笹倉怜寿

所属 アルバルク東京
187cm/80kg 富山県出身

PPGRPGAPGFG%3P%
11.23.63.840.932.3

今季は仙台に期限付移籍し、スターターとして42試合に出場した。187㎝の長身ながら、ハンドラーとしての役割をしっかり果たせる笹倉は、石崎、船生が抜け、PG陣に身長が欠けているキングスには良いフィットになるかもしれない。
ネックなのは、貸出元のアルバルク東京が笹倉をキープする可能性が高いということ…

 

 

佐々木隆成

所属 熊本ヴォルターズ
180㎝/70㎝ 山口県出身

PPGRPGAPGFG%3P%
9.11.72.254.640.4

超一流シューターの証「50-40-90」をリーグで唯一達成した佐々木。
恐らく、複数のB1クラブがオファーしていると思うが、キングスに加入となれば、岸本の後を継ぐスコアリングPGとしてファンを沸かせるだろう。

 

 

ケンドリック・ストックマン Jr

前所属 横浜ビーコルセアーズ
183㎝/80kg 神奈川県出身

PPGRPGAPGFG%3P%
2.61.01.536.423.3

完全なロマン枠。
ハンドラーとしての判断、スキルにはまだまだ改善の余地があるが、まだ20歳と若いことからポテンシャル秘めていると思う。

 

 

現実的には・・・

当初キングスにフィットしそうと考えていた川嶋は秋田ノーザンハピネッツに移籍し、身長もあり、ディフェンスもできるハンドラーはかなり限られている。
そのため、個人的にはPG船生をもう一年見たい気もするが、船生とキングスの契約交渉はどうなるのだろうか…

キングスのPG編成に今後も注目だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました