【手術】IL登録キム・ティリの代役は?

選手情報

あけましておめでとうございます。

今年の正月は東地区上位の千葉ジェッツとアウェイで対戦したキングスでしたが、結果は1勝1敗でした。
しかし、この2日間キングスは外国籍選手のキム・ティリがコンディション調整中のためチームに帯同せず、ジャック・クーリーとドウェイン・エバンスの外国籍選手2名で戦っていました。

 

「コンディション調整」という曖昧な表現のリリースに様々な憶測を呼びましたが、1月4日の12:00にキングスがキム・ティリの手術完了とインジュアリーリスト登録をリリースしたことで解決しました。

ティリは右膝に痛みがあり、右膝関節内遊離体を内視鏡手術した模様(固定か摘出かは不明)

全治は4週間で、インジュアリーリストに登録したため、30日間は再登録することができなくなりました。

 

今後の外国籍選手

ティリをインジュアリーリストに登録したキングスは代わりの選手を獲得することができます。
千葉戦でジャック・クーリーの負担が大きかったことを考えると新たな選手を獲得する可能性が高いと考えられます。

新型コロナウイルスの影響で入国制限が行われていますが、スポーツ選手は特例での入国が認められているので、海外(変異種が発見された地域を除く)から外国籍選手を獲得することも可能ですが、2週間の隔離生活が必要なこと、ティリの全治が比較的短いことを考慮すると日本在住の外国籍選手を獲得すると思われます。

 

セドリック・シモンズ

セドリック・シモンズは今季シーホース三河、川崎ブレイブサンダースでプレーしており、1月4日に契約解除が発表されています。

ティリとはタイプが異なるインサイドを主戦場とする選手ですが、クーリーの休み時間確保を考えると一番良い選手です。
シュートレンジが狭いこととフリースローの成功率が低いことがネックですが、2P%はBリーグ通算で60%を超えており、ベンチワーク次第で力を存分に発揮できる選手です。

 

セドリック・シモンズ
206㎝/107㎏ C
アメリカ出身/ノースカロライナ州立大

 

ドゥレイロン・バーンズ

クーリーの負担を減らせるか?と言えば「NO」ですが、最近チームの3Pシュート成功率が低調なキングスとしては3Pシュートが得意なバーンズの獲得はある??
ただ、今季のバーンズは、なかなか調子が上がらず、アースフレンズ東京Zを契約解除となっており、キングス在籍時に見せたパフォーマンスを現在も発揮できるかはわかりません。

 

ドゥレイロン・バーンズ
194㎝/95㎏ SG/SF
アメリカ出身/ディポール大

 

コロナ禍という特殊な状況な今季は外国籍選手の入れ替えが難しく、現在Bリーグの自由交渉選手リストに公示されている選手では2選手の可能性が(特にシモンズ)高いと考えます。
13日には天皇杯(シーホース三河戦)が控えているキングス。クーリーとエバンスの負担軽減のためにも即急に外国籍選手を獲得することを願います。

 

ティリの怪我も早く治りますよーに!

 

タイトルとURLをコピーしました