琉球キングスの歴史(bj編)

その他

あなたは、『琉球ゴールデンキングス』というプロスポーツチームを知っていますか?
恐らく、この記事に辿り着いたあなたは、少なからず、キングスの存在を知っているはずです。

 

TS君
TS君

キングスをまだ知らないあなたもこれを読めば大丈夫

琉球ゴールデンキングスとは

現在、男子プロバスケットボールリーグ(以下、Bリーグ)の西地区に所属している。
沖縄県初のプロスポーツチームとして、球団(クラブ)を2006年10月に設立した。
bjリーグ(現リーグの前身)に2007-2008シーズンから参入し、同リーグで最多4度の日本一を達成。

球団理念は
沖縄をもっと元気に!

(球団ホームページより引用)

チーム名の由来

名称案を一般公募し、寄せられた161案の中から選出した最終候補3案による決選投票の末、「琉球キングス」にチーム名が決定いたしました。
沖縄は遡ると琉球王国であったという歴史に由来したチーム名であり、王(キング)という響きに力強さと風格が感じられ、 bjリーグの中でもキングのような存在になって欲しいという願いの込められたチーム名です。後に、チーム名に基づいてロゴがデザインされる過程で決まった3色のチームカラーより「キング(王)」のイメージを最も強く表現するゴールドをチームカラーとして採用し、チーム正式名称に「ゴールデン」が付記されました。

(球団ホームページより引用)

チームカラーは3色。
シャンパンゴールド
スチールブルー
パールレッド

TS君
TS君

シャンパンゴールドを基調としたホームユニフォームは相手チームと見間違えることも…

 

 

bjリーグとは

bjリーグは2005年に誕生した、プロフェッショナルかつエンターテインメントを重視した、地域密着型のバスケットボールリーグ。
リーグ誕生初年度の2005-2006シーズンは6チームで構成されていたが、リーグラストシーズンには、加盟クラブは24チームになった。
2つのカンファレンス制でイースタン・カンファレンス(東地区)とウエスタンカンファレンス(西地区)に分かれた。

 

TS君
TS君

FIBAルールが異なり、選手自身がタイムアウトを取ることが出来た時期もありました。

 

 

bjリーグ参入初年度 2007-2008season

bjリーグ(現リーグの前身)に新規参入した2007-2008シーズンは、県内でトライアウトを実施、当時、アイシン(三河)に所属していた澤岻直人、米軍経験を持つブライアン・シンプソンを獲得。
県出身の金城茂之、山城吉城とも練習生契約(開幕前に本契約)を結んだ。
開幕初戦は敗れるも2戦目初勝利を挙げた。しかし、その後は大型連敗を喫し、初年度は10勝34敗のカンファレンス5位(最下位)に終わった。

 

2007-2008 seasonロスター
#1 澤岻直人*
#3 山城拓馬*
#5 ダニー・ジョーンズ
#6 金城茂之*
#7 吉田平
#10 友利健哉*
#11 山城吉超*
#22 ハーブ・ギブソン
#24 ハン・ディキュン
#32 ブライアン・シンプソン
#34 エリック・ウォルトン
#51 ケビン・スティンバージ
#92 新里智将*

 

TS君
TS君

この年のロスターは今に比べて沖縄県出身選手と外国人選手が多かったんだ~(*は沖縄県出身)

 

 

2008-2009season 初の日本一

初年度を指揮した、ヘルナンド・プラネルズHCが退任し、新たなHCに大分を指揮していた、桶谷大氏を招聘。

TS君
TS君

桶谷HCが就任したことをきっかけにチームは大規模改革を行う

  • 大型補強
  • ディフェンスを強化
  • ルーズからの脱却

 

大型補強
アンソニー・マクヘンリー、菅原洋介、青木勇人などのディフェンスが得意な選手に加え、前年まで3連覇をしていた大阪からジェフ・ニュートンを獲得。

ディフェンス強化
オーソドックスなチームディフェンスを全選手に要求。
例えオフェンスで活躍していても、チームディフェンスを怠る選手は試合から外す。

ルーズからの脱却
桶谷HCのキングスへ対する第一印象は、「何に対してもルーズ」という印象だったと語っている。
練習時間からディフェンス面に至るまで、全てのことを徹底した。

 

レギュラーシーズン
シーズン序盤から前年のチャンピオン・大阪に敵地で連勝するなど、開幕9連勝を記録。その後も快進撃を続け、ウエスタンカンファレンス1位で初のプレイオフ出場を決めた。
有明コロシアムで行われた、プレイオフ準決勝では、4連覇を狙う大阪エヴェッサと対戦し、ジェフ・ニュートンが古巣相手に50得点の大活躍。チームを決勝戦へと導いた。
決勝戦では、澤岻直人、金城茂之の沖縄県出身コンビが活躍し89-82で東京アパッチを撃破。
球団設立2年目にして初の優勝を手に入れた。

 

2008-2009 season ロスター
#1 澤岻直人
#2 澤岻安史
#5 アンソニー・マクヘンリー
#6 金城茂之
#10 友利健哉
#11 山城吉超
#13 菅原洋介
#32 ブライアン・シンプソン
#33 青木勇人
#40 クリス・エアー
#50 ジェフ・ニュートン

TS君
TS君

澤岻直人と澤岻安史は兄弟だよ~

 

 

2009-2010 season

優勝メンバーの澤岻直人、友利健哉、クリス・エアーが退団し、与那嶺翼、ジョージ・リーチをチームに加えた。
開幕戦は惜しくも敗れるが、その後は9連勝などで持ち直し、33勝19敗のカンファレンス2位でプレイオフに進出した。
このシーズンは、大黒柱ニュートンや金城茂之などの怪我・戦線離脱のダメージが大きく、プレイオフ準決勝・大阪に敗戦。
新潟アルビレックスBBとの3位決定戦に勝利し、プレイオフ3位という結果になった。

 

2010-2011 season

王座奪還を目指して、挑んだ2010-2011シーズン。新潟アルビレックスBBでシューターとして活躍していた小菅直人を獲得して開幕を迎えた。
シーズン中盤には、主力選手の怪我が相次ぎ、急遽、デイビッド・パルマーを獲得し窮地を凌いだ。
シーズン終盤には、東日本大震災の影響で数チームが活動休止を発表。特例のレンタル移籍で志村雄彦(仙台)が途中加入。志村の背番号は仙台89ersの「89」となった。
チームはプレイオフに進出するも決勝で浜松・東三河フェニックス(現三遠)に敗れ、準優勝に終わった。

 

2011-12 season 2度目の優勝

並里成、山内盛久、前年チャンピオンの浜松からジャーフロー・ラーカイを獲得し開幕を迎えた。
レギュラーシーズンは首位で終え、プレイオフに進んだ。
準決勝では、京都ハンナリーズと対戦し勝利。
決勝戦では、昨年敗れた浜松と対戦。並里、マクヘンリー、パルマーなどの活躍があり、勝利。前年のリベンジを果たし、2度目の優勝を手に入れた。

 

TS君
TS君

このシーズンのプレイオフは並里、山内の剃り込みが印象的でした。

 

シーズン終了後、桶谷HCが退任した。

 

 

2012-2013 season

桶谷HCの代わり、前年宮崎を指揮していた、遠山向人がHCに就任。開幕から15連勝を記録した。
レギュラーシーズンは42勝を挙げる圧倒的な強さを見せたが、ホームで行われた準々決勝で京都ハンナリーズに敗れ、5季ぶりに有明コロシアム進出前に敗退した。

遠山HCは1シーズンで退任。

 

2013-2014 season

前年、有明進出を逃したキングスはHCに伊佐勉(渋谷HC)が就任。
ホームゲームでは圧倒的な勝率を誇り、43勝9敗のシーズン成績でプレイオフ進出。
プレイオフ準決勝では、京都相手に勝利するも、この年新人王を受賞した岸本隆一は無得点に抑え込まれた。
準決勝の翌日に行われた決勝戦では、富樫率いる秋田と対戦。
前日無得点だった岸本隆一が大暴れの34得点を挙げ、チームは優勝。岸本はファイナルMVPに輝いた。

 

2014-2015 season

球団初となる、日本人ビッグマン大宮宏正を獲得。
シーズン開幕前に東京・大田区にてホームゲームを開催。(対戦相手は秋田)
キングスは前シーズンに迫る42勝を記録したが、京都が44勝を記録したため、5季ぶりにレギュラーシーズン1位を逃し、2位でプレイオフに進出した。
プレイオフ・ファーストラウンドでは、沖縄出身の澤岻、大城率いる7位の大分に苦戦し、初戦を落とす。2戦目は地区2位の意地を見せ勝利し1勝1敗となった。
第3戦はマクヘンリーのバスケットカウント(and1)で大分を突き放しの勝利した。
準々決勝では3位の浜松と対戦したが、浜松のナイル・マーリー、並里祐を止めることが出来ず、ホーム開催のプレイオフで初の2連敗を喫して敗退が決定した。

 

2015-16 season bjラストシーズン

アイシン(三河)の主将・喜多川修平がチームに加入。
チームはレギュラーシーズンを2位でプレイオフに進出するも、準決勝で対戦した京都ハンナリーズを3Q3点に封じ込め決勝戦に進出。
決勝の富山戦では、両者譲らない展開が続いたが、3Q終了間際にイバン・ラべネルが3PT成功、アンソニー・マクヘンリーがトリプルダブルの活躍を見せ、bjラストシーズンを優勝で終えた。

 

 

 

bjリーグ時代所属選手一覧

澤岻直人
山城拓馬
金城茂之
吉田平
友利健哉
山城吉超
新里智将
菅原洋介
青木勇人
澤岻安史
与那嶺翼
小淵雅
小菅直人
志村雄彦
奥平貴也
並里成
山内盛久
岸本隆一
狩俣昌也
新城真司
大宮宏正
津山尚大
喜多川修平
ダニー・ジョーンズ
ハーブ・ギブソン
ハン・ディキュン
ブライアン・シンプソン
エリック・ウォルトン
ケビン・スティンバージ
アンソニー・マクヘンリー
ジェフ・ニュートン
クリス・エアー
ジョージ・リーチ
カルロス・ディクソン
アブドゥーラ・クウソー
デイビッド・パルマー
ディリオン・スニード
レジー・オコーサ
テレンス・ウッドベリー
ジャーフロー・ラーカイ
キブエ・トリム
ドゥレイロン・バーンズ
アンドリュー・ランダル
アンソニー・ケント
イバン・ラベネル

 

TS君
TS君

全選手書いたつもりけど、漏れてたらごめんね

 

キングスの初代HCは?
キングス初勝利の対戦相手は?
キングスの背番号1番を最初に着けた選手は?
キングスの球団連勝記録は?
2011-12シーズンプレイオフファイナルの対戦相手は?
2013-14シーズンのユニフォームサプライヤーは?
2015-16シーズンに加入した日本人選手は?
2015-16シーズンのプレイオフでキングスは京都ハンナリーズと対戦。京都が第3Qで挙げた得点は?
キングスの永久欠番#50を着けていた選手は?
キングスはbjリーグで何回優勝した?
キングスの歴史クイズ(bjリーグ編)
{{maxScore}} 問中 {{userScore}} 問 正解!{{title}}
{{title}}
{{image}}
{{content}}

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました